コートジボワール有償資金協力 平成28年度「アビジャン港穀物バース建設計画」署名式

2017/4/12
3月27日,川村駐コートジボワール日本国大使と,コートジボワール政府のアモン=タノー外務大臣との間で,限度額108億6,900万円の円借款「アビジャン港穀物バース建設計画」に関する交換公文への署名・交換が行われました。この援助では、日本の技術を活用することを条件としたSTEP方式が採用されています。
本計画は,人口増加等により穀物の取扱量が増加し,早急な拡張が必要とされるアビジャン自治港穀物バースの整備を行い、コートジボワールのみならず周辺国に対する食糧の安定供給の確保を図るものです。


署名の様子


公文交換の様子


本使スピーチ


集合写真