日・コートジボワール投資協定の署名(2020年1月13日)

2020/1/17
 
    署名の様子
  署名の様子
本使スピーチ
集合写真


1月13日,倉光駐コートジボワール日本国大使及びコートジボワール政府のアモン=タノー外務大臣の間で,「投資の相互促進及び相互保護に関する日本国政府とコートジボワール共和国政府との間の協定」(日・コートジボワール投資協定)への署名が行われました。
この協定は,締約国間における投資家の権利保護を通じた投資促進を図るため,投資参入段階及び参入後の内国民待遇及び最恵国待遇,公正・衡平待遇,特定措置の履行要求の禁止,収用の際の補償の条件,送金の自由,紛争の解決手続等について定めるものです。
我が国は,2019年8月に開催した第7回アフリカ開発会議(TICAD7)において,対アフリカ民間投資の更なる拡大に取組む旨表明しており,この計画はコートジボワールにおける同表明の具体的取組に位置づけられるものです。