大使挨拶(2020年7月20日)

2020/7/20
 3月に緊急事態宣言が発令されて以来,コートジボワールにおいても新型コロナウイルスへの対応で経済社会状況が大きく様変わりしました。その間,国外に退避された方も引き続き当地で生活することを選択された方も,それぞれにこれまで経験されたことのないような日々を送ることを余儀なくされたものと思います。
  大使館といたしましても,こうした感染症対策を伴う邦人保護という業務は経験がなく,試行錯誤の連続でしたが,とりあえず本日までのところ,在留邦人の皆様の中で新型コロナウイルスに感染された例はないということで一安心しているところです。これは偏に当地に滞在する邦人ひとり一人が高い衛生観念ときびしい環境への忍耐力をもって日々の生活を送っていただいたお蔭であると感じております。
  7月入り,引き続き緊急事態宣言は継続しておりますが,国際旅客便は順次運航を再開するなど,制限措置緩和の動きが見られます。これに伴って,一時的に国外に旅行される方,あるいは最終的に帰国・転勤される方も少なくないと思います。大使館としては,未だ新型コロナの感染収束がみられない状況下,当地に滞在される邦人の皆様の在否を把握しておくことが緊急事態への備えとして極めて重要であると考えております。つきましては,お手数ながら,一時的であれ最終的なご出発であれ,当地から離れる場合には,その旨を領事部までご一報いただければ幸いです。新型コロナ対策に関しても,引き続き大使館の総力をあげて対処してまいる所存ですので,皆様方のご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。