大使挨拶

2021/3/1

 昨年3月11日にコートジボワールにおける新型コロナウィルス感染者第1号が確認されてから間もなく1年が経とうとしております。3月3日現在の累計感染者数は33,285名となり、残念ながら、未だ収束に向かう気配は感じられません。一部の先進国では、ワクチンの接種が始まっており、これが世界的な感染拡大の歯止めになることが期待されるところです。当国におけるワクチン接種は、3月1日から開始されておりますが、接種の規模はまだまだ限定的な状況です。したがって、在留邦人の皆様におかれては、引き続き、マスクの着用、手指洗浄の励行、「三密」の回避といった基本的な予防策をとることで感染防止に努めていただきますようお願いいたします。

 こうした状況を踏まえ、恒例の新年賀詞交換会並びに2月23日の天皇誕生日レセプションの開催は見合わせることとさせていただきました。いずれの行事も当大使館にとりまして最も重要な年間行事の1つですので、中止は苦渋の決断でありました。しかし、新型コロナの感染防止という観点から、やむを得ない決定でありましたことをご理解いただければと存じます。

 一方、3月6日には国民議会選挙が行われる予定です。主要野党がすべて参加して行われるのは、コートジボワール憲政史上初めてのことであると聞いております。当国の政治的安定は経済振興にとっての必要条件ですが、10月の大統領選挙に続きこの選挙が平穏裏に実施されれば、いよいよ当国の経済発展にも弾みがつくものと期待されます。2021年がコートジボワールにとっても、また当国で暮らす邦人の皆様にとっても実り多い年となることを期待しております。


過去の大使挨拶(2020年9月22日)